夫のいびき うるさい眠れない

夫のいびきがうるさくて眠れないので、夫にいびき対策をさせてみました

 

「夫のいびき、うるさすぎ!」

 

いびきがうるさすぎる

うちの夫のいびきは、もはや「いびき騒音マシーン」

 

 

私が先に寝付いていても、夫が後から眠り始めると、
夫が 「ガラガラ」 と爆音いびきをかき出し、
せっかく寝ていたのに目が覚めてしまうなんて事がしょっちゅうでした。

 

 

夫のいびきがうるさ過ぎて、まともに眠れないんです。

 

そこから、夫のイビキが聞こえるとイライラするようになってしまって、余計に眠れなくなっちゃいました。

 

まともに眠れないので寝不足で、起きている間は疲労感が取れません。

 

 

それでも結婚した当初のころは、それほど夫のいびきは、うるさくなかったんです。

 

 

しかし、月日が経つにつれ、夫は段々といびきをかくようになっていき、
そのいびきも、年々ひどくなっていき、

 

ついに夫は「いびき騒音マシーン」へと成り果てたのです(苦笑)

 

本当におすすめなブライダルエステを見つけて、ブライダルエステに通い、そしてようやく華やかな結婚式を挙げ・・・

 

幸せな結婚生活が待っているのかと思いきや、いびき騒音マシーンと寝る日々ですよ?

 

どうですか、この生活?

 

これはなんとかするしかないでしょう!

 

やるなら、いつ?今でしょ!(古)

 

いびきを治すために、夫へ病院へ行ってもらうも・・・

 

夫がいびきをかき始めるようになった最初のころは、
こっちが先に寝付いてしまえば問題なかったのですが、

 

いびきで寝不足

次第に、こっちが先に寝付いていても、
夫のいびきでまともに眠れない状況になってしまいました。

 

 

このままいびきで寝不足が続くのも耐えられないので、

 

「病院に行って、いびきを治してきてよ」

 

と、うちの夫にお願いしました。

 

 

始めは嫌がって、病院へ行ってくれなかったのですが、
何度も頼んでようやく夫は、しぶしぶ病院に行ってくれました。

 

しかし・・・

 

夫 「病院で、医者からレーザー治療を勧められたんだけど、
喉にレーザー当てるなんて怖くて嫌だわ。」

 

と言われてしまいました><

 

 

仕方がないので、夫のいびきでまともに眠れないのもありますし、
夫の体のことも心配だったので、家で出来るいびき対策として、
夫のいびきに、いろいろと対策をしてみることにしました。

 

食事をヘルシーにする

 

肥満がいびきの原因の1つとしてよく挙げられますよね。

 

ですが、うちの夫は結婚してからそれほど太ったわけでなく、
少し体重が増えた程度です。

 

ですので、肥満がいびきの原因と言う感じではなさそうでしたが、
一応、食事をヘルシーにするよう心がけ、夫の体重が少しでも減るようにしました。

 

夫が口を半開きにしている時があったら注意する

 

夫は鼻炎持ちなこともあり、起きている時に、
口が半開きになって、口呼吸をしている時があります。
もちろん、本人は無意識にやっています。

 

いびきは口で呼吸していることが原因だそうなので、
起きている時から、口が半開きにならないように意識しておくことが大切だそうです。

 

そこで、夫が口を半開きにしていたら、優しく注意して
鼻呼吸を意識するように言うようにしました。

 

これは、根気よく続けなければなりませんが、
キツく言われると夫もイヤになると思うので、
優しく教えてあげるのがいいと思います。

 

夫の枕(まくら)をいびき対策枕に交換

 

指痛い寒マクロというのがあったので、夫の枕をいびき対策枕にすることにしました。

 

いびき対策枕は、寝た時に、のどの気道を開きやすくして、
呼吸がしやすくなる構造になっているそうです。

 

夫の同意を求めることもなく、勝手に注文して、
勝手に夫の枕を、いびき対策枕に変えておきました(笑)

 

 

ただ、夫に 「この枕は寝づらいから、前の枕を出してくれ」
と文句を言われるかもしれないと思ったので、

 

念のため、夫が元々使っていた枕は隠しておいて、
夫の枕元にいびき対策枕を置いておきました。

 

今は、そのいびき枕を使ってくれています。

 

いびきに効果があるお茶を飲ませる

 

いびきに効果があると言うお茶があったので、
家で飲むお茶を、いびき改善に効果があるというお茶に変えました。

 

ちなみに、ノンカフェインで寝る前にも飲めるので、私も飲んでいます。

 

どうせお茶を買うなら、いびきに効果のあるお茶の方がありがたいです。

 

その結果、どうなったのかと言いますと・・・

 

夫にいびき対策をさせ、しばらくしてどうなったのかと言うと、
いびきが完全になくなるところまでは、まだ至ってはいませんが、

 

いびき解消

しかし、いびきが良くなったことも確かです!

 

 

というのは、私が先に寝付いていた時に、
夫のいびきで目が覚めるということが、ほとんどなくなりました。

 

夫が寝ていても、いびきをかいていない時も多くなったように感じます。

 

これは大きな進歩だと思いますので、
このまま夫のいびき対策を継続していきたいと思っています。

 

 

おわりに

 

夫のいびきのせいで眠れないことが増えた当初は、
対策として、耳栓をつけて寝ていました。

 

しかし、寝るときに耳栓をするのは、あまり気持ちのいいものではありません。

 

まあ、「ガラガラ」というイビキの騒音で眠れないよりはマシですが、
耳栓をすると耳が圧迫されるので、寝床につくときに心地よくないんですよね。

 

それに耳栓をしていると、朝起きる時に、
目覚まし時計の音がよく聞こえなくなってしまいます。

 

耳栓をすることには、そういった弊害もあります。

 

 

また、万が一、火災が発生した時などに耳栓をしていると、
火災警報機の音が聞こえづらくなる危険性も考えられます。

 

そう考えると、寝るときに耳栓をするのは、あまり好ましいことだとは思えませんでした。

 

たかが「いびき」のために、火災警報器の音が聞こえなくなるというのも
どうなんだろうかと思うので、ひとまず夫のいびきが改善の方向へ向かっていて、一安心です。

 

 

夫のいびきが改善しなかったら、夫婦の寝室を別々にしなければならないと考えていたので。。。

 

家には寝室にできるような部屋が2つもなかったので、
夫婦の寝室を別々にするには、引っ越ししなければいけません。

 

いびきが原因で離婚するよりはマシだと思いますが、
それでも引っ越しして部屋を増やすとなると、
アパートの家賃も上がってしまうと思うので、出費が大きいです。

 

たかが「いびき」と言ってもあなどれませんよね。

 

 

いびき対策は、上記にも書きました通り、自宅で出来る解消法もあります。

 

あまり状況が深刻な場合は、耳鼻科で手術なども検討した方がいいのかもしれませんが、
そこま深刻でなければ、まずは、自宅で出来る解消法を始めるといいと思います。