切り取り法症例報告

モニター患者さんの症例報告について

ここでは、石倉名古屋院モニター患者さんの症例写真と体験談をご紹介します。
個人情報保護のために文章は一部改変してあります。 

注意点
傷跡は少なからず残り、全く元通りにはなるわけではありません。
場合によっては肥厚性瘢痕になることがあります。
傷跡が残った場合の言い訳についても前もって検討する必要があります。

切り取り法のご案内

縫い縮めることが可能な程度の大きさの場合、
又は時間がかかっても良いので数回に分けて手術することが可能な場合はこの方法がお勧めです。

手術方法

刺青部分に局所麻酔をしてから行います。
まず、専用のメスで刺青を少しづつ切り取ります。
深い部分はより深くまで、浅い部分は必要以上に取りすぎないよう、
場所や色などにより削る深さは変えていきます。
一通り切除を終え、出血を止めた後、周囲の皮膚を糸で縫い縮めます。
この時、皮膚は中縫いと外縫いをし、できるだけ綺麗になるよう縫い合わせ、
最後に包帯をあてて終了です。
手術時間は大きさにもよりますが、10分から30分程度です。

手術経過

手術後約1週間で抜糸に来ていただき、傷の診察と同時に抜糸をします。
遠方の患者様や抜糸に来れない患者様はあらかじめ外縫いも溶ける糸を使用します。
その場合、手術後2週間程度で糸は自然になくなります。来院の必要はありません。
あとは、1~2週間程度患部を安静にしておけば傷跡は目立たなくなっていきます。
但し、手術後安静にしていなかったり、患部を動かしたりすると縫い合わせた部分がはじけたりして、
新たに傷ができてしまうこともありますので、特に手術後数日間の安静が必要です。
肉体労働やスポーツは手術後最低3日程度は控えた方が良いです。